オフィスビルで省エネの設備を設置|環境配慮マインド

オフィスレディ

費用を削減

ビルの省エネ管理はITシステムで効率的に行う

サラリーマン

大きなビルになると、照明や空調等によって消費される電力は相当大きなものになります。コストをセーブする観点からも省エネに積極的であることをアピールするためにも、エネルギー消費を最適化し無駄をなくすことに企業が真剣になるのは当然です。 以前の節電といえば、空調を何度に設定する、何時以降は一定のエリアの電気をつけないというようなルールを作り、それを守ることでビル全体の省エネを実現しようとしていました。 しかし最近は、人為的にスイッチの入り切りを行うのではなく、センサー等で集めた情報を元に自動的にビル全体の省エネを実現するシステムの導入が拡がってきています。こういった技術は、ビルの省エネだけでなく家庭用の省エネ技術にも応用されています。

ビルの省エネについて

ビルの省エネをするところが増えています。施設管理側としては、省エネにしたほうが費用的には助かることは確かです。しかし、貸している場合は、どうしてもあまりにも省エネを推し進めますと不満が出てきます。そこだけは注意するべきであるといえます。出来るだけ不満が出ないような形で省エネをすることが重要になってきます。 ビルの使い勝手もそうなのですが、とにかく行動をするのが不満に繋がります。つまりは、ビルを利用している側がスイッチをつけたり消したりすることによる省エネは嫌われます。 そうしないでビル側が最初からワット数の低い電球にするとか冷房なり暖房の設定を決めてしまうとかそうしたほうがよいです。それが一つのコツになります。